水月鍼灸院HP(女性専門のアロマ鍼灸治療院☆)↓こちらもどうぞ

フォト

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ
2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 電飾。 | トップページ | 体験レポート。 »

流れ。

今、鍼灸の古典の本で「黄帝内経霊枢」という本を読んでいます。

この中に五臓に疾病があるとは身体にとげが刺さったような、物体に汚れが付いたような、縄に結び目が出来たような、河川が土砂でつまるようなもの・・とあります。続いて、医家が疾病を治すのはとげを抜いたり、汚れをすすいだり、結び目を解くようなもので、流れをよくすることだとあります。

病気になっている時間が長くてもやはり治すことはできて、治せないなどという医家は本当はまだ刺鍼の技術を把握していない・・・と結ばれています。

ちょっと鍼灸師としては、身につまされますが(笑)病気というのは急になるのではなく、むしろこのような表現で少しづつ積み重なるものです。鍼灸治療とは障害になっているようなものをひとつひとつ除けて患者さんが自分で身体を改善しやすい環境作りをするということです。

昔の中国人はすばらしいですね。何千年も前にこういう自然の摂理に叶った治療法を実践していたとは!!

人気ブログランキングへ←今日も1クリックお願いします☆

« 電飾。 | トップページ | 体験レポート。 »

東洋医学」カテゴリの記事