水月鍼灸院HP(女性専門のアロマ鍼灸治療院☆)↓こちらもどうぞ

フォト

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ
2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 師走。 | トップページ | 香りとイメージ。 »

冬至。

今日は冬至ですね。

ウィキペディアで調べてみました。

*************

冬至(とうじ)は二十四節気の一つ。12月22日ごろ。および、この日から小寒までの期間。

太陽黄経が270度のときで、北半球では太陽南中高度が最も低く、一年の間でが最も短くが最も長くなる日(実際には数日ずれる。詳しくはを参照)。『暦便覧』では「日南の限りを行て、日の短きの至りなれば也」と説明している。

日本では、この日に柚子湯に入り、冬至粥小豆粥)や南瓜を食べると風邪をひかないと言われている。中国北方では餃子を、南方では湯圓(餡の入った団子をゆでたもの)を食べる習慣がある。

*************

どうして、柚子湯とかぼちゃなのか?はこちら。

「ゆず湯」は、厳しい寒さの中でも健康に暮らせるようにと、浴槽に柚子を浮かべてはいるお風呂のことです。
ゆず湯は、風邪を防ぎ、皮膚を強くするという効果があります。
冬至は湯につかって病を治す―湯治(とうじ)にかけています。柚子は融通が利くようにと願いが込められています。江戸庶民から生まれたとのことです。

「かぼちゃ」は、厄除けになる、病気にならないと言われています。
実際にかぼちゃには、カロチンやビタミンが多く含まれています。
冬にビタミンなどの供給源が不足した時代はかぼちゃは貴重なものだったといえます。

洒落なかなかがきいてますね(笑

東洋医学ではかぼちゃの黄色は脾経(土)の色です。12月は忘年会などで消化器系の内臓も疲れるしこの土気を補うのは良いことだと思います。

また東洋医学では旺・相・死・囚・休という地球の自転に関連する五臓・五季の盛衰があります。これで考えると冬は木気(肝気)が相にあたり冬季の間に次の春に備えています。だから酸味である柚子湯に入るには木気を補う上で大切だとも考えられます。

西遊記にはこんなのが載っていました。↓

寒食節・・・冬至の日から数えて105日目に煮炊きしないものを食べることになっている。この日には、杏酪(杏入りヨ-グルト)を食べたという。4/5か6の清明説の1日2日前に当たる。

こういうのをみるとヨーグルトってすごく昔からあるんですね!冬至の次は忘れなかったら4月に杏入りのヨーグルトを食べましょう☆

行事事は季節感が出ていいですよね。大切にしたいものです。

人気ブログランキングへ←みなさん、良い連休をお過ごしください!今日も応援お願いします☆

« 師走。 | トップページ | 香りとイメージ。 »

東洋医学」カテゴリの記事