水月鍼灸院HP(女性専門のアロマ鍼灸治療院☆)↓こちらもどうぞ

フォト

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ
2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 布ナプキン☆ | トップページ | 究極のサービス? »

気持ち=?

「気持ち」というのは文字の通り、「気」の持ち方だと思います。

患者さんの様子というのは初診から治療が進むにつれてどんどん印象が変わります。

人は痛かったり、不調だと容姿や雰囲気までとがってしまったり硬い印象になることが多いようです。そして痛みや主訴に気を取られてしまいますが、本当の原因は大抵そこにはありません(外傷は別です)

積聚治療では主訴は患者さんが訴えるもっとも気になる症状のひとつでしかなく、原因になるのは「精気の虚」であると考えます。つまり肩が回らないほど痛かったとしても原因は肩の関節にあるとは限らないのです。

でも私ははじめにそのお話を患者さんにすることはありません。それは患者さんが「気」をまだそのように持てないからです。治療の回数を重ねていくと気が巡り、気の持ち方=気持ちに余裕が生まれて考え方が変化していく方がたくさんいます。そのタイミングになるとむしろ患者さんから自然にそういうお話をしてくれます。

そうなると初めの硬い印象が和らぎ、表情も柔らかくなりますconfident

痛みやコリは人の身体も心も硬くしてしまうのですね。

人気ブログランキングへ←今日も応援よろしくお願いします。絵文字が使えるようになって嬉しい~happy01

« 布ナプキン☆ | トップページ | 究極のサービス? »

心と体」カテゴリの記事