水月鍼灸院HP(女性専門のアロマ鍼灸治療院☆)↓こちらもどうぞ

フォト

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ
2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« おススメの本。 | トップページ | 続・妊娠力。 »

妊娠力。

当院は女性専門のため赤ちゃんを望んでの治療で来院される方がたくさんいます。

鍼灸での治療は冷えの改善による「妊娠力」を引き出して高めることです。

私も経験がありますが、西洋医学のドクターは検査の結果や数値・統計的なもので客観的にお話をします。でもこれが結構、心が傷つく内容だったりします。

ドクターは決してそのようなつもりでお話してる訳ではないと思います。でも機能的に問題が無ければ問題になりそうなところを探して説明しなければなりません。ドクターも大変ですね。

これは、西洋医学には「気」の概念がないからです。

東洋医学ではこのような場合でも気の概念で説明すると分かりやすくなるケースが多々あります。

少し逸れましたね。さて、機能的に婦人科の問題が無かったり、あるいは多少あっても機能していれば妊娠の可能性は必ずあると思います。

むしろ検査や必要のないホルモン剤で子宮や卵巣に負担がかかり、疲れてしまうのが心配です。たとえば、ちゃんと排卵していて厚さが少なかったとしても内膜だってちゃんとしてるのに内膜を厚くさせ着床を良くするために使う排卵誘発剤などです。

人の顔や身体つきが違うように、子宮の状態や内膜の厚さだって違ってても問題ないのでは?と個人的には思っています。それよりも内膜組織がちゃんとあるのに、薬を使いすぎることで本人の持ってる本来の内膜の力が弱まってしまうことが「妊娠力」をむしろ弱めてしまうのでは・・・と心配になります。

もっと自分の力を信じて欲しい。

そう感じることがとても多いです。

この続きはまた明日・・・。

人気ブログランキングへ←今日から札幌では雪祭り~♪応援よろしくお願いします!

« おススメの本。 | トップページ | 続・妊娠力。 »

妊娠力」カテゴリの記事