水月鍼灸院HP(女性専門のアロマ鍼灸治療院☆)↓こちらもどうぞ

フォト

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ
2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« アーティストと気。 | トップページ | 鍼灸治療いろいろ。 »

患者が主役。

先日の日経新聞のコラム「医師の目」に

「病気を治すのは患者の生命力であり医師は治療のガイド役でしかない。その意味で患者は治療における主役である。もっと自信を持ちそして責任をもって生きて欲しい。」という言葉がありました。

私も鍼灸師として患者さんを治療させて頂く立場もありますが

現在は治療を受ける患者の立場も持ち合わせてる身です。

この言葉はとても心にずしりと来ました。

私は今月から新しい新薬を試してみる事にしました。

担当医は考えられるリスク・メリット・デメリットを提示した上で

「どうする?」と聞いてくれます。

提案してくれたのは担当医ですが、選択・決定したのは私です。

こういう治療計画を立ててくれる担当医にとても感謝していますし、

満足しています。

万が一、薬のデメリットが出ても、ある程度納得できると思っています。

治療院に来られる患者さんの中には、「何のためにどのような薬を服用してるか」という事を把握していない方も見受けられます。でも患者としての私の立場からは、これはとても怖い事ではないかと思います。

最低限の事でも作用と副作用については、先生にしっかり確認して「自分で服用」というのが大事だと思います。

私個人の考えでは提案は医師かもしれませんが、服用するのは自分です。薬を服用する側にも責任があると考えています。

それが患者(自分)が主役ということであり、「もっと自信を持ちそして責任をもって生きて欲しい」という事に当たるのではないかと思うんです。

薬はなるべく飲みたくない、でも必要な時だってもちろんありますから

自己責任の部分も含めて上手に付き合っていって

いずれは薬を卒業できる「チカラ」をつけたい!!

これが私の最終目標☆

人気ブログランキングへ←ポチッとお願いします!

« アーティストと気。 | トップページ | 鍼灸治療いろいろ。 »

健康」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395096/31100268

この記事へのトラックバック一覧です: 患者が主役。:

« アーティストと気。 | トップページ | 鍼灸治療いろいろ。 »