水月鍼灸院HP(女性専門のアロマ鍼灸治療院☆)↓こちらもどうぞ

フォト

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ
2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

知事公館のサクラ・2010。

今日は北大の帰りのんびり歩いて帰ってきました。

とてもお天気がよかったので構内でも芝生でくつろぐ人がたくさん居ました。

帰りに知事公館を抜けてサクラを見てきました。

サクラも色々です!

4411

4410

4408

4413

知事公館の中庭も今日はお天気がよかったので

お昼寝してる方、犬と一緒の人と色々でした。

この陽気だともう散ってしまいそうですがご近所の方は是非!

人気ブログランキングへ←1クリックお願いします☆

お産について考える。

GWの勉強会で、いろいろお話を聴いたお産に

ついて書くのも、今日で最終回です。

「出す」という出産は本来は副交感神経が働くそうです。

子宮の収縮も副交感神経優位だそうです。

痛そうで、交感神経が優位になりそうなイメージですが

人間の本能としては違うんですね。

これもびっくりしました。

「痛み」というのは人間にとっては本来は危険信号ですが

陣痛というのは英語では「LABOR」(=勤め・労働)という

そうです。英語に置き換えると痛そうでもないですよね・笑

また、お話した婦人科の先生は

自然出産は夫婦の覚悟と協力が必要となり

その後の育児にも良い影響を与えるのではないかと

言ってました。

出産とは、命の責任を取る特権で

誰もに与えられるものではないと思います。

現代社会では、残念ながら望んでも子供に恵まれない方も

多くなってるようです。

産んだ人も、産める人も、産めない人も、女性でも

男性でも出産について考えてみる事で

命の尊さや、自分がこの世に生れ落ちた奇跡を

感じるのではないかと思いました。

本当に妊娠・出産・月経など女性の体は

みごとなシステムが構築されているものです。

人気ブログランキングへ←1クリックお願いします。

お産とエンドルフィン。

「ランナーズ・ハイ」はランニングしてる時に

一定距離を越えると脳からエンドルフィンが沢山出て

辛いよりも気持ちよい気分になることですが

お産の時も、エンドルフィンが沢山出て

自然な痛み止めになってるそうです。

(でも相当痛そうですが・・・coldsweats02

でも中にはごく稀に、このエンドルフィンが

大量に脳から分泌されて恍惚状態で

お産が出来る方もいるそうです。

すごいですね!!

なんだか、お産のイメージが変りそうです・・・。

人気ブログランキングへ←1クリックお願いします。

自然出産と肺呼吸。

先日少し書きましたが

自然出産で赤ちゃんがお母さんの産道を

通って生まれることには

沢山の良いことがあるそうです。

中でも羊水の中にいる赤ちゃんは肺にも

お水が溜まってるそうです。

帝王切開で出産した赤ちゃんはこの羊水が

肺に溜まったままのことも

多いそうなのですが

自然出産の場合は

狭い産道を通ってくる事で肺が圧迫されて

赤ちゃんの肺の呼吸が良くなるそうです。

これは、先日産婦人科のドクターにお話を聴くまで

知らなかったのでびっくりしました!

お産って本当にすごいシステムですね~!!

人気ブログランキングへ←札幌はサクラがキレイですね!1クリックお願いします。

止められないもの。

女性の体の自然な働きでも

排卵・月経は薬で止められます。

でも、流産と陣痛は止められないそうです。

いろんな体の状態を薬などで抑えられますが

やはり、生命が誕生する時は

赤ちゃん自身が生まれ出てきたいという

強い意志があるから

どんなお薬でも止められないし、

残念なことに

生まれ出る力が足りなかった生命を

延命させることも出来ないのでしょう。

でも、冷えない体作りや、体全体の力を

つける事で流産を繰り返さない体質作りは

可能だと思います。

でも、やはりどんな事もお薬にのみ

頼るのでは日ごろの生活の積み重ねが

もっとも重要だと思います。

人気ブログランキングへ←1クリックお願いします!

恋に落ちる。

昨日の続きです。

「オキシトシン」というホルモンは愛情ホルモンでもあります。

出産時に赤ちゃんを産み出すために

お母さんからは、このホルモンが沢山分泌されています。

だから、生まれた瞬間に赤ちゃんを見たお母さんは

赤ちゃんと「恋に落ちる」と言われいるそうです!!

なんか、素敵なお話ですよね~♪

だから、出産後から始まる大変な授乳や夜泣きなどを

お母さんは乗り越えてゆけるのでしょうねheart04

女性とホルモンは自然に、本能的に素晴らしい仕組みを

作り上げていると思いませんか?

すごいな~!!!

人気ブログランキングへ←1クリックお願いします!

GW@釧路。

今年も、毎年恒例の釧路・杏園堂での

勉強会に参加してきました。

2日~3日は晴れて気持ちよいお天気でしたね。

今回は特に中標津から産婦人科の女医さんが参加されて

いたのでいろんなお話が聴けて、有意義でした!!

自然分娩を推進してる先生です。

お産の時に誘発剤を使う前に出来ることが

鍼灸以外にもずいぶんあるんだなーって思いました。

産気ずくホルモンは「オキシトシン」というホルモンなので

乳頭を刺激して、マッサージをするのも良いし

欧米では、予定日超過すると性交を進めるそうで

びっくりしました!!

自然な形での分娩は産道を通ってくる赤ちゃんの肺が

丈夫になったりと良いことがいっぱいあるそうです。

先生から聞いたお話を何回かに分けて紹介したいと思います。

遠いけど、釧路に行くといい事あるな~☆

と毎年思います・笑

人気ブログランキングへ←1クリックお願いします☆

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »