水月鍼灸院HP(女性専門のアロマ鍼灸治療院☆)↓こちらもどうぞ

フォト

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ
2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

妊娠のための体づくり・3

日曜日に、手作り酵素の勉強会に参加してきました。

代表の河村さんという方はご自分が肝臓を悪くして1年以上も入院生活を送り「食」の大切さに気が付き、手作り酵素を考案されたそうです。

話の中で興味深かったのは、食肉に使われる大量の女性ホルモンや成長ホルモンのことです。

ちょっと調べてみたのですが、

日本では天然型ホルモンは認められていましたが、合成型は禁止されていました。アメリカやオーストラリアなど牛肉の生産国では、早くからホルモン剤の使用が認められていましたが、EU(欧州連合)では天然型、合成型とも使用が禁止されているようです。

また、肥育ホルモンは成長が早くなる「・肉質が柔らかく改善される・肉の量が増えるなど生産者にとってはいいことづくめで、は「生産性向上薬」とも呼ばれているそうです。

特に女性はもともとエストロゲンなどの女性ホルモンがあるところにそういう合成ホルモンが飲食物で入ることで過剰になり子宮筋腫・内膜症・乳がん・不妊症・・・などのホルモンと関係のある病気が増えてるのかもしれません。生殖に関するホルモン操作をされている食品がほとんどなんですね。女性ホルモンは熱に強いので焼いても体内に入って女性の場合は何か変異をおこすのでしょうか。

また、野菜もF1種という一世代だけの野菜(種を植えても発芽しない)がほとんどなので野菜に本来ある植物の力もずいぶん弱ってるようです。交配を操作してますから、これもホルモン操作の一環かもしれません。

http://noguchiseed.com/hanashi/F1/F1_1.html

私もお肉は大好きですが、やはり口に入れるものがカラダを作っていくので食べ物は大事だと思います。

とりあえず、手作り酵素はこうした食品の偏りを是正する手助けになるものですが、毎日の食生活の中で化学調味料を減らしたり、加工品を食べないといったことでも絶対に違うと思います。酵素はお刺身や自分でつける漬物・生で食べるものにもたくさん含まれます。

体作りは食べ物から・・・です。地道なことですが、病院で問題ないといわれた方は食生活を見直すのは体作りに重要だと思います。

「食」というのは人を良くすると書くのですから!!(河村さんが言っていました)

1クリックお願いします。→人気ブログランキングへ

妊娠のための体作り・2

当院に来院される赤ちゃんを望む患者さんの7割~8割は病院での不妊治療と鍼灸治療の平行治療をされています。

病院での治療はステップアップするにつれて、一時的でもホルモン剤の注射や経口摂取などで吐き気や頭痛・体のだるさなどを感じる方も多いようです。

また妊娠のためとはいえ、こうした薬物投与が体に負担になってることも多いので、最近はその体調管理に鍼灸治療を取り入れたいと考える患者さんも多く来院されます。

健康な母体があってこその着床・妊娠ですからとても大事なことです。

そして不妊治療は心にも体にも大変負担が大きいものです。

来院される患者さんの中には、治療を継続して様々な治療にトライしていくうちに強い緊張感や不安感を抱える方も多いです。

鍼灸治療で体を緩め、自律神経を整えリラックスしながら病院での治療を乗り越えていく・・・・そんな風に「お母さんになる体」の負担を軽減するためにもぜひ鍼灸を利用してみてください。

1クリックお願いします。→人気ブログランキングへ

妊娠のための体作り。

赤ちゃんを望んで来院される方には当院では

出来るだけ「基礎体温」を付けて頂いています。

ストレスになる・・・という方もいるのですが

可能なかぎりお願いしてます。

それは、ただ高温期と低温期の2層になっていれば良いのではなく波が多くギザギザのグラフになってるとか高温期が何日くらいあるか、そして低温期の体温がどれくらいなのか・・・などから様々なことが読み取れるからです。

病院ではあまり細かい事を言われたことがない・・・と驚く患者さんも多いのですが、一番わかりやすくて、大切な体のメッセージだと思います。

なにより患者さんが自分の体の変化に「意識」が向くのも重要です。

周期的な体温変化は女性にだけあるものです。そして月経期間は体から熱が出てしまうもっとも冷えやすい期間ですからこの期間の過ごし方はとても重要です。

低温期の養生がやはり着床しやすい体をつくると考えています。

これといった原因がない方は、体作りが大切です。

以前の記事はこちら↓

http://mizuki-71.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/post_c939.html

1クリックお願いします。→人気ブログランキングへ

目白鍼灸院さん来訪。

先日の日曜日に、仲良くして頂いてる目白鍼灸院の院長ご夫妻が水月に遊びに来て下さいました。

001

ご主人と柳本先生と

柳本先生は今注目の美人鍼灸師さんですhappy01

ちなみに先生はノーメークでこの美肌ですnotes

002_3

Ffllik00000009sj

今月号のNHK「きれいの魔法」では柳本先生自らがモデルとなり「顔もすっきり! 首こり解消ツボ&マッサージ」が特集されています。とてもわかりやすく解説されていますよー☆

B_story_20101117

アラフォー向け美容雑誌では、↓のようにサーモグラフィーを使ったお灸の効果が掲載されてます。

101117_183255

そのほかにも柳本先生はとてもご活躍なのですが、本当に勉強熱心な方で、私も上京した際はいつも寄らせて頂いて、いろいろと教えて頂いてます。

と・・・まるで我が事のように自慢してしまいましたが(苦笑

若い女性鍼灸師さんがこうしてメディアに取り上げられることは今までは本当に少なかったんです。柳本先生ような方が鍼灸のイメージをアップしてくださって、若い女性がもっと気軽に鍼灸を受け入れてくださるようになったらうれしいです。

ちなみにご夫妻と「ジンギスカン」を食べに行く予定でしたが、運悪く前日に食べた「牡蠣」にちょっと食あたりしてご一緒出来なかったのが無念でした・・・。

トホホ・・・weep

目白鍼灸院HP→http://mejiroacu.com/ 

東京都豊島区目白3-5-6 目白ITビル2階
JR山手線 目白駅改札より徒歩3分

目白鍼灸院ブログ→http://mejiroacu.blog79.fc2.com/

1クリックお願いします。→人気ブログランキングへ

酵素出来上がり!!

一週間仕込んで、酵素が出来上がりました!

003

絞った酵素液です。光ってるけどワイン色。

006

↓↓↓

004

野菜や果物はこんな風にしぼみました。

10キロもあったのに!!

栄養分はすべて酵素液に染み出てます。

毎日50~60mlを水で割ってのみます。

お肉を漬けたり、ドレッシングにいれてもいいみたいなので色いろ使ってみます。

1クリックお願いします。→人気ブログランキングへ

聡明。

大学の講義で「馬王タイ漢墓帛書」の五行について勉強しています。鍼灸や東洋医学で言う五行(木火土金水)とはまた少し意味合いが違います。

上記の「五行は「書経」という書物にある万物の根源と考えられた五つの元素ですが、漢墓帛書では、仁・義・礼・智・聖を五行と言います、そしてさらに仁義礼智の四行和すると「善」となり、さらに聖が加わり五行が和すると「徳」・・・と分けています。

また善とは体が必要・体感するもので「明」=見えるもの、徳は体がなくても(体感しなくても)良い「聡」=(聞いて・読んで知る)に当てはめられます。

また古典で「聖人」と言われる人の書物や教えというのは、意外にもこの「聡」が重要な役割をしています。聖人と言われた人に直接師事した人よりも、何百年もたってその文章を読んだ人がその素晴らしい教えを後世に伝えているからです。実際にはその聖人の行動を目の当りにしていないにも関わらず・・・です。

後世に伝わる教えは広く受け入れられるものでなければ、滅びてしまう運命にあります。論語は日本人も大好きですが、やはり読み継がれる魅力がるのでしょう。

そう考えてみると今私が行ってる鍼灸の技術や考えも、これに当てはまります。

理論は何百年も前の古典に端を発していますが(聡)、技術は今世の人のを実際に見て治療に生かしています(明)。

人間が行ってる営みというのは変化していますが、不変でもある・・・。

とても面白いなーと思いました。

聡明という言葉の本当の意味が分かった気がしました。

1クリックお願いします。→人気ブログランキングへ

酵素の様子。

金曜日に仕込んだ酵素はこんな風になっています。

漬けこんだときはこんな状態でしたが・・・・

006

↓↓↓↓↓

001

今は、こんな感じに水分がいっぱい出ています。

色もワイン色?って感じです。野菜や果物は水分が抜けてしぼんでいます。この漬けた野菜クズはお風呂に入れるとお肌がつるつるするそうなので、これまた楽しみです☆

自分の常在菌を入れることで「自分に合った酵素」が出来上がるので清潔に洗った素手で毎日かき混ぜます。なので出来る限り病気をしたり、酵素が必要な本人が自分で作ることが大事みたいです。

あと数日で飲めるようになるはずです。今日も「おいしくなってね。」と話しかけて混ぜました(笑)機嫌が悪かったり、体調が良くないときに作ると「すっぱい酵素」になったりするそうです。今のところ味見したところ、おいしく出来てきています。良かった~!!

出来上がりが、とっても楽しみだなー♪

1クリックお願いします。→人気ブログランキングへ

手作り酵素に挑戦☆

この夏は自分の持病も再発を繰り返してしまいさすがにちょっと凹み、「もう養生なんてやめちゃおうかなぁ~gawk」とちょっと投げやり気味になりましたが、そこはなぜか困った時もツイてる私(苦笑)「手作り酵素」をすすめてくれる方がいました。

私が「もう一人のお母さん」と慕うこの方に手伝ってもらい昨晩、仕込みました!本当に困ったり弱ったりするとありがたいことに、必ずいつも誰かが手を差し伸べてくれるんです。

癌で闘病していた身近な方がこの酵素を飲んで、体調がずいぶん回復されたということで私にもすすめてくれました。

004

玄米や黒豆も入れます。

003

円山のvaloさんというレストラン直営の八百屋さんに注文した有機野菜です。

30種類で10キロ分あります。

006

大まかに切って、砂糖でサンドイッチのようにして重ねて漬けます。あとは毎日糠漬けのようにまぜます。季節にもよりますが1週間くらいで発酵するようです。他に発酵助製剤を加えます。今はこの助製剤は勉強会に参加した人じゃないと買えません。自己流ではなく、正しい酵素づくりを普及させたいためのようです。

詳しくはこちら↓

http://kinseitedukuri.p1.bindsite.jp./index.html

はじめは白砂糖を大量に使うのびっくりしましたが

砂糖は発酵によって、ブドウ糖と果糖という単糖(これ以上分解されない糖類)になります。ですから、砂糖としては存在しません。
砂糖(スクロース)は二糖類といいブドウ糖(グルコース)と果糖(フルクトース)が縮合した形になっています。これをグリコシド結合といいます。
ということらしいです。興味のある方は「手作り酵素」で検索するとたくさん出てきますよー。
まだまだめげずに自分の体が良くなることをやってみようとやる気が出てきました(苦笑)治療院に来る患者さんはずっとつらい症状を抱えて鍼灸治療に来る方も多いので私が自分で試してよかった食養生などは、患者さんのお役に立つこともきっとあると思います。
毎日「おいしくなってね♡」とかき混ぜて酵素を育てます。時々、酵素の出来具合をアップします☆
1クリックお願いします。→人気ブログランキングへ

BGM♪

治療院でかけるBGMに自分が飽きてしまったので(苦笑)先日、いろいろ探してCDを買ったりダウンロードしたりしました。

患者さんが治療中に気分がゆったりできるのを・・・と思うのですがなかなか難しい。

CDで買ってしまうとアップテンポのものが入ってイマイチしっくりこないので、ダウンロードして編集するという作業にやっと重い腰を上げました。本当に機械に弱いので時間かかるぅ・・・(うっ・・・挫折しそう( ̄○ ̄;)!)

これを聞いて治療中に患者さんの心も体もほっこり緩んでもらえるとうれしいなー。

1クリックお願いします。→人気ブログランキングへ

自分を守る。

子宮内膜症、あるいはそういう診断名がつかなくても、月経困難症、つらい月経痛などは月経があるかぎり閉経まで何年も続く可能性もあります。これはとても不安になりますよね。「あと何年この辛さと付き合っていくの?」・・・・と。

そうなると脳でもうまく処理しきれないストレスを過剰にため込むこともあります。

過剰なストレスは免疫システムのバランスを崩してしまうことも多く、自律神経の乱れから倦怠感・疲れやすい・頭痛・吐き気など・・・思いもよらない症状も出てくる可能性があります。

鍼灸治療が女性の不定愁訴に効果が上がりやすいのは、体全体のバランスを整えカラダを緩めていくことによると思います。

婦人科の病気に限ったことではありませんが、病気や痛み・体の違和感は不安や緊張を増長します。そういった緊張感・体のこわばりを緩めてあげる事で、まずは食事がおいしく取れたり、熟睡できるようになっていきます。

じつは、このステップがとても大事なのではないかと患者さんを見ていて思います。

「自分の不安感から」自分の体を守るのもとても大事なことです。いつも書いていますが心と体は切り離せないし、体も上下・左右・前後・・・すべてつながっているのです。

鍼灸治療を上手に取り入れてもらって、体を緩めてくれる女性が増えると嬉しいです。

1クリックお願いします。→人気ブログランキングへ

内膜症と癒着。

子宮内膜症は必ずしも痛みが伴うとは限りません。

またチョコレート膿疱がある方はたいていはそれだけではなく腹腔内のあちこちに内膜病変が点在してることが多いそうです。

本来はエコーやCA125などの腫瘍マーカーだけ確定診断はできず、腹腔鏡で中をみて初めて確定診断となります。赤ちゃんができにくい原因にもなりますが、問題は癒着のようです。エコーでは癒着してるかまでははっきりとわからないのですが、卵管が癒着していれば排卵がスムーズにいかず未妊の原因となってることもあるそうです。

いろんな臓器に発生してその環境下で増殖したりするのは、癌細胞と内膜様組織しかないそうです。内膜病変はもちろん良性疾患ですが、癒着をおこすのでややこしい病気です。

女性の体は本当に複雑ですね・・・。

1クリックお願いします。→人気ブログランキングへ

秋の夕べ@とらや

昨晩は久しぶりに「イノシシ女子会」でした。

円山の和食のお店「とらや」で開催。

秋の味覚を堪能しました~♪

話題は健康オタクの私せいで?健康トークが多めでしたが・・・。

002

お野菜の煮びたし

003

松茸の土瓶蒸し(今季初松茸!おいしい~happy02

004

007

こんなお釜で炊かれたマイタケごはん

009

まだまだ食べましたが、全部とってもおいしかったです。

今回は新メンバーお二人をお迎えして、お話も盛り上がり秋の夕べは更けました(笑)私の食欲もすっかり復活して元に戻り、マイタケごはんをおかわりして満腹で幸せ!!!な夜でした。

1クリックお願いします。→人気ブログランキングへ

やる気とホルモン。

女性ホルモンが減って更年期に入った女性に

アンケートを取ると一番気になる症状は

やる気でない…気分が塞ぐ・・・

などの精神状態を上げる人がもっとも多かったという調査があるそうです。

更年期の症状はもちろん人によって出かたや症状は

様々なのでですがホットフラッシュ(急な発汗)やのぼせ、動悸よりも

うつ傾向になるのがもっとも気になる・・・という結果は

個人的にはけっこうびっくりしました。

40歳前後くるになってとほとんどの方がホルモンが急激に減ってくる時期のようです。心もカラダも準備や心がまえをして上手に受け入れていきたいですね。

ランキング参加中!1クリックお願いします→人気ブログランキングへ

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »