水月鍼灸院HP(女性専門のアロマ鍼灸治療院☆)↓こちらもどうぞ

フォト

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ
2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 妊娠のための体作り・2 | トップページ | 妊娠のための体づくり・4 »

妊娠のための体づくり・3

日曜日に、手作り酵素の勉強会に参加してきました。

代表の河村さんという方はご自分が肝臓を悪くして1年以上も入院生活を送り「食」の大切さに気が付き、手作り酵素を考案されたそうです。

話の中で興味深かったのは、食肉に使われる大量の女性ホルモンや成長ホルモンのことです。

ちょっと調べてみたのですが、

日本では天然型ホルモンは認められていましたが、合成型は禁止されていました。アメリカやオーストラリアなど牛肉の生産国では、早くからホルモン剤の使用が認められていましたが、EU(欧州連合)では天然型、合成型とも使用が禁止されているようです。

また、肥育ホルモンは成長が早くなる「・肉質が柔らかく改善される・肉の量が増えるなど生産者にとってはいいことづくめで、は「生産性向上薬」とも呼ばれているそうです。

特に女性はもともとエストロゲンなどの女性ホルモンがあるところにそういう合成ホルモンが飲食物で入ることで過剰になり子宮筋腫・内膜症・乳がん・不妊症・・・などのホルモンと関係のある病気が増えてるのかもしれません。生殖に関するホルモン操作をされている食品がほとんどなんですね。女性ホルモンは熱に強いので焼いても体内に入って女性の場合は何か変異をおこすのでしょうか。

また、野菜もF1種という一世代だけの野菜(種を植えても発芽しない)がほとんどなので野菜に本来ある植物の力もずいぶん弱ってるようです。交配を操作してますから、これもホルモン操作の一環かもしれません。

http://noguchiseed.com/hanashi/F1/F1_1.html

私もお肉は大好きですが、やはり口に入れるものがカラダを作っていくので食べ物は大事だと思います。

とりあえず、手作り酵素はこうした食品の偏りを是正する手助けになるものですが、毎日の食生活の中で化学調味料を減らしたり、加工品を食べないといったことでも絶対に違うと思います。酵素はお刺身や自分でつける漬物・生で食べるものにもたくさん含まれます。

体作りは食べ物から・・・です。地道なことですが、病院で問題ないといわれた方は食生活を見直すのは体作りに重要だと思います。

「食」というのは人を良くすると書くのですから!!(河村さんが言っていました)

1クリックお願いします。→人気ブログランキングへ

« 妊娠のための体作り・2 | トップページ | 妊娠のための体づくり・4 »

妊娠力」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395096/37902271

この記事へのトラックバック一覧です: 妊娠のための体づくり・3:

« 妊娠のための体作り・2 | トップページ | 妊娠のための体づくり・4 »