水月鍼灸院HP(女性専門のアロマ鍼灸治療院☆)↓こちらもどうぞ

フォト

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ
2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 二度目の成人式☆ | トップページ | 深夜のメール☆ »

流産について。

これは、当院に現在通院中の患者さんのケースです。

妊娠初期のMさんは、未妊治療で2月から通院され

4月末にめでたく妊娠された方です。

ところが6月のはじめに出血して、救急で病院に行ったところ

出血も多く、エコーでも胎児が確認できないと

言われました。お腹に残留物が残ってると感染症などに危険性があるため、手術の可能性もありましたが、この日は救急ということもあり手術はしませんでした。

子宮の収縮剤を処方されたそうです。

ただ、Mさん本人はこの時点で、流産した場合にみられる塊を出血の中に見ていなくて、病院側でも処置中の血液の中に確認できなかったそうです。

数日後、病院に行ったところ・・・・・

なんと赤ちゃんはしっかり生きていたのです!

エコーでも見えない場合があるのですね。

こういう事例はそう頻繁にあるわけではないと思います。

でも、実際には1例でもあったので

もし、妊婦さんが流産と診断された時に

何らかの役に立つかもしれないと思い

Mさんの了解を得て、ブログに書きました。

もしも、流産ということでその日にすぐに手術が行われていたら・・・

そう思うと本当に怖いです。

もちろん、医師はいつもベストを尽くしてると思います。

ただ、そういう中でも人間が行うことは完璧ではないことが

あってしまうんだと思います。

自分の体、おなかの赤ちゃんは自分が守る!くらいの意識で

いる事が大事だと思います。

Mさんは出血した3日後に水月に来院した際に

「塊のようなものを自分で見ていないから、本当に赤ちゃんがいなくなったのか納得できない・・・」と言っていました。

きっと、「何かがおかしい・・・」という母としての本能的な感覚だったのでしょう。

今回、この感覚は的中していたのです。

もしも病院でこういう診断をされたら

妊婦さんならだれでも強いショックを受けて冷静な判断ができるとは限りませんが

自分の感覚というのは時としてとても大切だと思います。

1クリックお願いします☆→人気ブログランキングへ

« 二度目の成人式☆ | トップページ | 深夜のメール☆ »

健康」カテゴリの記事

妊娠力」カテゴリの記事

婦人科・冷え」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395096/40434996

この記事へのトラックバック一覧です: 流産について。:

« 二度目の成人式☆ | トップページ | 深夜のメール☆ »