水月鍼灸院HP(女性専門のアロマ鍼灸治療院☆)↓こちらもどうぞ

フォト

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 塩麹のその後・・・。 | トップページ | 一安心。 »

流産について・2

以前にも当院の患者さんで病院で「流産」といわれ処置の手術をすすめられて、結局は赤ちゃんは無事という方がおりましたが、当院で先週もそういう患者さんがおりました。

患者さんの了解を得て、万が一ほかにもそういう方がいたら処置を慎重に検討して頂きたいという願いを込めて書きます。

11月のはじめに月経が1週間遅れて病院を受診し妊娠が確認されましたが、その数日後にエコーで確認できなくなり、ドクターからこういう場合は流産の事が多いため数日後に処置の手術をすすめられた・・・という経緯です。もちろん可能性もあるのでしょうが、患者さん自身がこの説明に疑問をもち他院でセカンドオピニオンを取ったところエコーで胎児を確認でき、しかも「この週数でそのような判断をするのは早すぎる」と言われたそうです。

患者さん自身が疑問に感じて適切な判断をされたのでよかったですが、ドクターのお話しをそのまま受け止めて処置する方向へ進んでいたら・・・と思うと大変怖い話です。

妊婦さんは「流産」という言葉には過敏に反応しますし、精神的なショックも大きいものです。問題がなかったとしてもこんなことを言われたら体が悪い方に反応してしまうかもしれませんよね。むしろそういうストレスも心配です。

この患者さんからちょうど予約の変更でお電話頂い時に、この話を聞きすぐに以前のケースを思いだし、私もセカンドオピニオンを強くおすすめました。

これは医師の批判をするということではなく、これからは医療を受ける患者側もしっかりとした知識や判断材料を持って自分の体と向き合っていかなければいけない時がすでに来てるという趣旨で書いています。

私自身、自分の病気で医療機関にかかっていますがそれなりに自分の受けたい治療やその選択肢については調べて担当医に相談に乗ってもらっています。

自分の体は自分で守るとともに、自分の何かおかしいな?なんか納得できないな・・・という勘を信じるのも大切かもしれませんね。

それにしてもお母さんって妊娠初期であっても、もう立派なお母さんなんですね。危機的状況でも自分の子供を守ろうとする本能が、きっと女性には備わっているのでしょう。

すごいですね。

人気ブログランキングへ←1クリックお願いします☆

« 塩麹のその後・・・。 | トップページ | 一安心。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

妊娠力」カテゴリの記事

婦人科・冷え」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 流産について・2:

« 塩麹のその後・・・。 | トップページ | 一安心。 »