水月鍼灸院HP(女性専門のアロマ鍼灸治療院☆)↓こちらもどうぞ

フォト

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ
2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 初めまして~☆双子ちゃん! | トップページ | はじめまして~☆ »

穴あき@冷え取り。

最近、冷え取りをはじめてから2か月くらいたった患者さんたちから

「靴下に穴があいた!」という報告をよくうけます。

進藤先生の著書の中ではこの靴下のあな空きは

「毒だし」の兆候と位置付けられてますが、私自身は

この「毒」ってなんなのかわからないので、この表現は私はあまり好きではありません。

でも体がよく変化しようとしていく過程で、いわゆるサインなのかな~とは思っています。

そんな中、ある患者さんが5日連続で5枚の靴下に穴が空いたという話をちょっと紹介します。

もともと体の上のほうが、のぼせてるような傾向がみられる方だったので、足のかかと部分にお灸を数回してましたが、とても熱がる方でした。(一般的にアトピーや上実症状と言って体の上のほうに熱がたまりやすい人はとても熱がります)

お灸をした翌日の朝に靴下に穴があいたそうで、それから連続で計5日空いてしまったそうです。ちなみお灸はとても小さいゴマ粒くらいのものを左右に3つづつしましたが、その日は夜寝る前にもかかとが「ジンジン」してたそうです。

しかし、興味深いのはここからで靴下に穴が空いた後の治療で同じ場所にお灸をしてもまったく熱くなくなっていました。

これには、患者さん自身も相当驚いていました。よほどそれまでのお灸が熱かったようです(苦笑)

この方はもうこのかかと部分にはお灸の必要はないと私は判断しました。

西洋医学的な数値で分析できるようなことではありませんが、おそらくこの患者さんの体の中で何らかの変化はちゃんと起きてるということがお灸の反応でもわかる事例だと思います。

そしてやはり鍼灸治療が体の変化を促進できるんだとも思いました。

人の体というのは、本当に興味深いですね!

でも、冷え取りは靴下に穴が空いたほうが良いとか、空かないと効果がでていないというものでもありませんから、実践中の方は気長にやりましょうね(笑)


人気ブログランキングへ ←1クリックお願いしまーすheart04

« 初めまして~☆双子ちゃん! | トップページ | はじめまして~☆ »

婦人科・冷え」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395096/46270935

この記事へのトラックバック一覧です: 穴あき@冷え取り。:

« 初めまして~☆双子ちゃん! | トップページ | はじめまして~☆ »