水月鍼灸院HP(女性専門のアロマ鍼灸治療院☆)↓こちらもどうぞ

フォト

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ
2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

赤峰勝人さん・講演会のお知らせ。

マクロビの先生に教えてもらった

「なずなの塩」という自然塩を愛用しています。

そのお塩を作ってる会が「なずなの会」と言って

今回11月にその代表の方の講演会があります。

http://www.nazunanokai.com/meeting.html

私が玄米を購入してる島牧のお米農家さんも

この「循環農法」を実践してる方です。

私も聞きに行こうと思っています。

興味のある方はぜひ行ってみてください。

  ←1クリックお願いしますhappy01
人気ブログランキングへ

自家製酵母パン。

Dsc_0010

先日、友人がホームベーカリーを買ったというので

「ほしの天然酵母」と「地粉」「全粒粉」を持って行って

作ってみました。

白いパンは精製された粉でできてるから実は

口当たりが良くて美味しくても栄養素も食物繊維も

ほとんどありません。

だからパンやごはんは精製してないものがいいんですね。

さて、ホームベーカリーは酵母をおこすこともできるし

便利ですねー。

凄い☆

でも、天然酵母は発酵に24時間もかかるんですねー。

出来上がりは、ほんのり甘い天然酵母パンができて

とっても美味しかったです。

天然酵母を使うとしっとりするので、バターなどの油分は

使わなくてもしっとり出来上がります。

自分で作ってみてわかったのは「地粉」だけでも1キロ1000円以上

天然酵母も高いので、お店でこういったパンを買ったら高いのは

当たり前なんだと思いました。

体に良い素材や手間のかかってる食品は

原価がかかってるから、価格が高いんですね。

自分で作ってみて、勉強になりました。

ちなみに天然酵母は冷蔵庫で1週間保存して使えます。

  ←1クリックお願いしますhappy01
人気ブログランキングへ

ぎゃん泣きちゃんのその後。

先日、来てくれた「アオイ」ちゃん。

ママに2回目の治療の際、どうだったかお聞きしたら

ずいぶん夜泣きの時間が短くなって、

ママも眠れるようになって

笑顔でした~shine

良かった(*^ω^*)ノ彡

きっとママも心の余裕ができたのも相乗効果ですね。

それよりもびっくりしたのは

パパがアオイちゃんのお腹がふっくら、柔かくなってるのに

すぐ気が付いたそうです!!

「ええ~!すごいなんで?」と聞いたら

いつもおむつ替えのときにお腹に触るから

すぐ変化に気が付いたそうです。

すごい!イクメンだっっ!!(゚ロ゚屮)屮

最近のパパは偉いですねshine

三回目の今日の治療で夜泣きもなくなったということで、治療は終了しました。

  ←1クリックお願いしますhappy01
人気ブログランキングへ

産みたいのに産めない。

先日やっと、患者さんから頂いた見逃したDVDを鑑賞。
NHKスペシャル「産みたいのに産めない」・「出生前診断」を2本みました。

関心をもってオンエアを見た方もたくさんいると思います。
...

どちらもNHKってやっぱりドキュメンタリーのプロだなって感じにうまく取材していました。
卵子が老化してしまい35歳を超えると格段に妊娠率が下がってしまう・・・・。
日本ではその認知度が低いのも不妊治療の大きな障害になっているようです。
私も鍼灸師として赤ちゃんが欲しいという方に接していて
もう少し早くから妊娠活動を初めていたら・・・・と思う方がこれまでに
何人もいらっしゃいました。
医療技術がどんなに進歩しても越えられない壁があります。
女性が女性の体のしくみをしっかり理解することと
自分の人生の中でどのタイミングで出産を考えるのかという
ライフプランがないと厳しいと思います。
フランスでは、不妊治療を夫婦で受ければ(←ここ重要です・当院に来る患者さんは女性だけが頑張ってる方がとても多いです)不妊治療が保険適用というのは知りませんでした。
また、 フランスで保険適用の年齢は女性は42歳までと制限をもうけているのも、卵子の老化を周知させる活動をしてるから不満がでないのかもしれません。
日本国内で、もしも保険適用できたとしても、40歳ころから不妊治療をスタートさせる人もとても多いから、日本の現状ではフランスのマネは到底できないでしょう。
日本では不妊治療・検査を受けた夫婦は6組に一組。
先進国の中ではIVFを受ける夫婦は21万件と世界最多。
かなり深刻な数字だと思います。
出生前診断の番組も、とても考えさせられる内容でした。


子供がいてもいなくても、産めても産めなくても、社会全体が子供と関われるようになれば
障害を持ってる子供も養育しやすいし、親のいない子供も幸せになれる道ができるのではないかと思うのですが・・・・。
この問題は日本全体が真剣に考えていくべき大きな問題で
先延ばしにできないんじゃないかと思います。

  ←1クリックお願いしますhappy01
人気ブログランキングへ

風邪のときの冷え取り。

やっと残っていた咳もかなり良くなってきました。

今、流行ってる風邪は咳がしつこいみたいですね。

今回は汚い話で申し訳ありませんが『痰』がたくさん出て

いらない物を出してるような感じがします。

こんなに出たことはあまり記憶にありません。

だから、薬で止めたりせずに

うがいしたりして積極的に排泄してます!

風邪のときも、もちろん冷え取りしてみました。

自分で人体実験です!(笑)

引き始めは、半身浴を長めにやってました。

発熱した時は・・・・

ここぞとばかりにレギンスを三枚シルクと綿を重ねて4枚目に綿のパジャマのズボンをはき、靴下は10枚くらい適当に重ねてみました。足元には当然「陶製湯たんぽ」です(笑)

普通にパジャマを着て寝るより

しっかり汗をかいて翌日にはスッキリしました。

あまり発熱の体温は高くなくて37.5度くらいだったんですがスッキリ熱が下がったのは下半身にしっかり重ねたのが良かったのかもしれません。

ただ、2回くらい着替えましたから、

回復後の洗濯物の量はハンパなかったですゥ~Σ(゚д゚lll)

本当は発熱した時の半身浴も試してみたかったのですが

さすがに体がだるくて今回はやめました。

私は、薬飲んだり病院いったりしませんが

皆さんは、自分の体調と相談して無理しないようにしましょう。

こういう健康法は、時として家族の理解を得られない時もあります。

病気のときは家族はだれでも心配します。

家族のアドバイスを聞くことも大事だと思いますよー。

  ←1クリックお願いしますhappy01
人気ブログランキングへ

出るものは出し切る!

今週のはじめに風邪をひきました。

上手にひけたようで、うまく発熱しました。

発熱しないことが良いと思ってる方も多いと思うのですが

私は個人的には「発熱派」?です(笑)

熱が出るということは風邪のウィルスと自分の白血球が戦っているのです。

西洋医学的にはこちら↓

http://www.terumo-taion.jp/health/temperature/06.html

自分の体の力(免疫力)を高めるには風邪の発熱も

上手に利用すればよいのです。体のデトックス・大掃除~♪

鼻水や痰、咳・くしゃみにもちゃんと意味があります。

これらは異物を外に排泄しようとしてるので

止めればよいというものでもありません。

くしゃみや咳は冷えてる体を温めようという体の反応でもあります。

ということで、私は熱が出てその後は体がスッキリ。

発熱は体がリセットできるので、年に1~2度上手にひけるといいようです。

風邪が流行っているようなので、皆さんも上手に引いて下さいね!

ちなみに治療に来てる方は喉が痛い方は言ってくださいね。

初期に行うと喉がスッキリする治療があり、患者さんには好評です。

でも、そのあとも「うがい」とかちゃんとやって下さいね(o^-^o)

  ←1クリックお願いしますhappy01
人気ブログランキングへ

大学。

夏休みも終わって10月から大学が始まりました。

北大はまだイチョウが黄色く色づいていません。

私が講義を受けてる中国思想では古典を勉強するのが

本来のテーマですが、今は話題の外交テーマ「尖閣諸島」について

勉強しています。

先生は中国人の思想や考え方を知らなければ

古典も理解できないと考えてるからです。

その通りだし、すっごく講義が面白いんです。

詳しくわからなかったとしても、どの考えが正しいかより

いろんな視点から考えて自分で考えて、

自分なりの考えを持つことはやはり大事だと思います。

先生が読み上げる学生の感想も様々で興味深い。

授業では「胡適」という人の考え方を引用して先生自身考えも紹介していましたが

墨子の「非攻」や老子の思想も紹介されました。

日中関係を中国の思想家の教えから自分なりに考察するのは

とても勉強になりました。

学びの秋です。

  ←1クリックお願いしますhappy01
人気ブログランキングへ

小児鍼。

Dsc_0011

今日は八月に生まれた「あおい」ちゃんがママと来てくれました。

ママは妊娠前から来てくれてた患者さんです。

リアル「あおい」ちゃん、初めましてです!

かわいいなぁ~o(*^▽^*)o

主訴は夜中12時過ぎからぎゃん泣き・・・ということでしたが

お顔を見てわかるように(これは治療した後のお顔なんですけど・・・)

眉根も寄っていないし、青筋も出ていません。

それほど、疳の虫が強い表情でもないかなぁ~。

疳の虫の強いお子さんは、上記のような特徴が強く出てることが多いのです。

お腹は、やはり固かったけど

鍼をした後はふっくら・やわらかに。

お腹の固さは冷えや緊張の度合いを示します。

新米お母さんは夜泣きが続くと、とっても心配になる方も

多いのですが、「心配し過ぎ」ということもあるようです。

もちろん、積聚治療の小児鍼は小さな赤ちゃんにも安心で

体をゆるめる効果がありますが

お母さんもリラックスするのが大切ですよー☆

赤ちゃんはそれぞれの個性もありますから

同じ年頃のお友達のお子さんとの比較もあまり意味がありません。

泣いてる顔もかわいい~♪くらいの気持ちも大切です(笑

  ←1クリックお願いしますhappy01
人気ブログランキングへ

朝活・アフターパーティー☆

先日の朝活の様子が「朝活ブログ」で紹介されています。

http://ameblo.jp/satsuasa/entry-11365239283.html

この記事を書いてくださったFさんは

私の配布資料にもかわいい猫(水月のシンボルマークは黒猫ちゃんだから)

をつけてくださったり、プロフィール作成にもいろいろアドバイスを下さり

今回とってもお世話になりました。

いろんな方にお世話になってこういう企画がなりたつんだな~と

とても勉強になりましたし、良い経験でした。

資料を作る時も一般の方にわかりやすい説明の仕方とか

改めて考えるきっかけになったり、自分の頭の中も整理できました。

本日10日はアフターパーティー、受講者さんとも交流できるとうれしいな。

  ←1クリックお願いしますhappy01
人気ブログランキングへ

50度洗い。

50度洗いって知ってますか?

http://chikyu-no-cocolo.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/50-1.html?page=1

私は今日知りましたeye

そんなに流行っていたのでしょうか??

試してみたいと思います!

  ←1クリックお願いしますhappy01
人気ブログランキングへ

行ってきました・ひえ取り勉強会。

日曜日に行って参りました~。

進藤幸恵さんのお話しを中心に

実践中の方の質問をまぜての勉強会でした。

若い人が多いのかと勝手に思っていたら

冷え取りガールではなく、もっと病気治しのために

真剣に取り組んでいる熟女の方がほとんどでした。

世間で盛り上がってるほど?(いや、うちの治療院だけ??)

若い人には浸透していないのか

それとも今回の勉強会を知らなかっただけか・・・?

でも癌とか難治性の病気をご自身だったり家族だったりが

患っていて、西洋医学ではもう限界・・・と言われた方が

多く、かなり真剣に深く取り組んでる印象でした。

私は基本的な東洋医学的な知識があるので

実践的なことでいくつか質問しました。

まず、今年の夏は非常に札幌も暑かったので

私はしんどくなったのと、クーラー使ってない生活だし・・・と

勝手に靴下の枚数を昼間に減らしたことがあったのですが

どんなに暑くても上がのぼせ気味で下が冷えるという状態は

同じなので盛夏も枚数は減らさないほうが効果的ということです。

また冷えがきつい方は10枚以上重ねたほうが効果を実感しやすいそうで、おなじく就寝時は真夏の湯たんぽ使用も継続が望ましいそうです。この場合の注意点は必ず上半身は薄着、扇風機なども併用し、のぼせないようにすると良いそうです。

わたくし、真夏は湯たんぽは完全にお休みしておりましたcoldsweats01

寒くなってきたし、私はすこしまた気合いを入れてやってみようと思ってます。

冷え取りは良い健康法です。

しかしどんな民間療法にも言えることですが

私個人としては、

盲目的にやるのではなく自分が自分の体と向き合い健やかに生活するための一助となるべきものだと思います。

また鍼灸治療は私が患者さんに施術しますが

冷え取りは患者さん自身じゃないとできません。

はじめることで自分で自分の体をよくしようという「自力本願」にシフトできることも患者さんを拝見していて大きなメリットだと感じています。

そして体が本質的に変化するにも一定期間が必要。

すぐに結果を求めるのではなく長い目でみて取り組む根気も大事。

皆さんが、工夫し、試行錯誤しながら自分スタイルで生活に取り入れることが

一番望ましく長続きすると思います。

冷え取り実践中の方は一緒に頑張りましょうhappy01

  ←1クリックお願いしますhappy01
人気ブログランキングへ

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »