水月鍼灸院HP(女性専門のアロマ鍼灸治療院☆)↓こちらもどうぞ

フォト

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ
2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

選択理論。

009_360x640


003_360x640

結婚に役立てたくて読んだわけではないのですが(笑)

グラッサー博士の「選択理論」という心理学の本が面白かったです。

相手に断定的に言うのではなく常に選択させるように話すのは

意外に難しいものです。

身近な人や子供には「まだ○○してないの?」とか

「○○しなさい!」とか批判的・強制的に言ってることって多いような気がしませんか?

こういうのは「外的コントロール」というそうです。

例をあげると・・・・

外的コントロール:「ごはん食べながらメール打つのやめてよ!感じわるい。」

選択理論:「そのメール大事な用事?もしそうじゃないなら、ご飯食べてからにできる?」

感情的になって前者のように言ってしまいがちな事って多いのではないかと思いますが後者のいい方の方がとてもソフトだし、相手に選択してもらえますよね。

練習して身に着けたいと思いました☆

  ←1クリックお願いしますhappy01
人気ブログランキングへ

お外でランチ☆

今日は午後から晴れましたね!

001_360x640

004_360x640


005_360x640


久し振りに知事公館のお庭でお昼を頂きました。

気持ち良いお天気でした。

八重桜が最後の頑張りを見せておりました。

円山公園より、犬も人も少ないので静かで気に入っています。

近代美術館では「いわさきちひろ」展も開催中ですよ。

患者さんは、治療の帰りに立ち寄れる近さですから

どちらもおすすめでーす☆

  ←1クリックお願いしますhappy01
人気ブログランキングへ

妊婦さんのふかふかお腹。

水月に通院して妊活していた方も5月で数名無事出産されて

来月の出産予定日の方はいなく、妊活卒業後も継続治療の方は

あとは7月~11月にかけての出産予定日。

他の方は陽性反応出たばかりなのでまだ先・・・・ということで

ちょっと一息ついていますheart04

水月鍼灸院は来月で6周年を迎えます。

女性専門ですが不妊治療専門ではないんです。

私自身が女性ホルモンの病気を経験してそちらに強い関心と知識が増えたせいかなのか、気が付けば、この6年で本当に妊娠希望の方や妊婦さんがとても多くなりました!

ということで、今日は妊婦さんのお腹の話です。

いつも継続治療してる妊婦さんのお腹は、妊娠後期であっても実はとても柔らかく、胎児の形が浮き出ています。実はこれが張りのないベストな状態です。あかちゃんもママのお腹の中で動きやすいし安定します。

でも飛び入りで妊娠途中(週数でいうと30週くらいから36週くらいまで様々)で来る患者さんのお腹は固くて、いつもびっくりします。

でもそれで慣れてしまっているから、ご本人はあまり意識してないし、つらいとも感じていないみたいです。まあ、徐々に固く、そして大きくなって行きますから慣れてしまうんでしょうね。

特に逆子ちゃんのお母さんのお腹は触診のときも指が沈まないくらいコチコチになってることが多い~sad

治療した後は大抵の方が(逆子じゃなくても)おなかが緩んで楽になることに驚いて帰っていきます。

実は、お腹の固さというのは、「冷え」を表しているんです。

こんな時は、妊娠中の女性にこそ鍼灸を取り入れてもらいたいと

いつもいつも思ってしまいます。

妊婦さんのお腹というのは後期に入っても

本来は意外にもふかふかなものなのですよ~!

妊娠中の鍼灸治療は経験のある鍼灸師が行えば安全で妊婦さんにも胎児にも良い影響がいっぱいです。

マタニティ鍼灸がもっと妊婦さんたちに浸透して

上手に妊娠ライフに取り入れてほしいです。

  ←1クリックお願いしますhappy01
人気ブログランキングへ

最近読んだ健康ネタの本。

031_360x640

最近読んだ健康ネタの面白い本です。

ホルモンの本はかなり興味深いのですがまったく医療知識がない方には少々難解かもしれません。でも本当は女性には読んでもらいたい本です。

私も患者さんに教えてもらって読み始めましたが付箋をたくさんつけてしまうほどです。ホルモンの関する話をこの本からピックアップして、これからブログで紹介したいと思います。水月は女性専門ですからホルモン知識は必須なので勉強していましたが、この本を読んでかなり頭が整理できました。

他の2冊、とくに「医者に殺されない・・・・」の方は本屋で平積みされてるのでご存じの方も多いですね。

この2冊は乳房専門医が書いていますが正反対な部分もあるし、同意見のところもあるしで面白い。

近藤さんが「病院で検査などするな」と書いてるのは、鍼灸専門学校時代に公衆衛生担当の先生(医師だったはず)がやはり「がん検診など無駄だ。」と言っていたのを思い出しました。はっきりと癌を治療しない「がん放置療法」も選択できるかは別ですが、斬新です。

医者である近藤さんが「医者はヤクザや強盗よりタチが悪い」などと書いてしまうところは本当にすごいと思います(苦笑)

薬を売るために高血圧の基準値をいじる「血圧商法」などは、公然の事実であっても医師が言ってしまうなんて可笑しくて、笑ってしまいますね。

きっと同業から風当りは相当だったのでしょう。

教授などではなく「講師」という肩書がそれを物語っている気がします。

病院との付き合い方、患者側も責任をもって医療を選択していく時代ですから読んでみても損はなさそうです。

  ←1クリックお願いしますhappy01
人気ブログランキングへ

エストロゲン・環境ホルモン・2

ちょっと前回から続きを書くのが遅れてしまいましたね。

結論から言うと

環境エストロゲンの害を減らすにはやはり菜食に傾けることが大切なようです。

http://homepage2.nifty.com/smark/Milk-EST.htm

↑これは牛乳に含まれるエストロゲンや植物エストロゲンについての解説が書かれてるページです。

乳製品や一般的な食肉にはエストロゲンがかなり多いようです。

植物に含まれる植物性エストロゲンはその化学構造が体内のエストロゲン酷似していて全身のエストロゲン受容体に結合し微弱なエストロゲン作用を発揮します。そして過剰になって強すぎるエストロゲン作用を遮断する助けになります。食物繊維も過剰なエストロゲンを体外に排出させます。

なので加工食品・精白した食品・肉・乳製品を減らし、新鮮な野菜を摂取すると環境エストロゲンが体内の受容体と結びつきにくくなるということではないでしょうか。

ホルモンというのは基本的にはコレステロールが変化していったものです。性ホルモンももちろんそうですが体内でのホルモンを効率よく他のホルモンに変えるには一緒に働くビタミンやミネラルが必要です。ここでも健康的な食事が体の働きを改善するのに必要なことがわかりますね。

こういった科学的変化にはそれぞれ唯一の酵素が必要で分子構造にぴったりとフィットしなければなりません。

製薬会社が製造する人工ホルモンと天然のホルモンの大きな違いはこの分子構造で人工合成ホルモンは自然界にはない構造になっていて、ホルモン補充療法などで使われるものは、この理由から通常の酵素プロセスにはなじまず人間は合成ホルモンを処理する酵素を持たないそうです。

ここで頭に浮かぶのはIVFを繰り返し行ってる患者さんは移植するのを休んで薬をつかうのを休止しても月経がかなり乱れてしまう方が多いことです。

様々な人工合成ホルモン剤を使うので本来のホルモンの自然なリズムを狂わせ、アンバランスを発生させている可能性があるのかもしれません。

そういった意味からHRTなどのホルモン補充療法や高度生殖医療を受ける場合はメリットとデメリットをしっかり患者側も認識することが重要なのではないかと思います。

話がそれましたが、環境ホルモン満載な現代社会で女性がその害を最小限にとどめ、健康な性ホルモンのバランスを維持するには生活環境や食生活が大変重要だということです。

  ←1クリックお願いしますhappy01
人気ブログランキングへ

はじめまして☆

57日生まれの3,820gのビッグな女の子!(笑)

さくらちゃんでーす(*^ω^*)ノ彡

お母さんが細みの方だったにも関わらず

赤ちゃんがとっても大きかったため

自然に陣痛が来て子宮口もちゃんと開いたにも関わらず

なんと「結果は帝王切開での出産だったそうです。

出産は本当に最後まで何があるかわかりません!!

でも母子ともに無事なことが何よりです。

良かった~。

640x480_6

さくらちゃんでーすheart01

このむちむちなおててと握手したい(≧∇≦)

640x480_8

かわいい~♪

かわいい写真と一緒にメッセージを頂いたので

差支えのないところを紹介させて頂きます。

*********************************

 

子供を授かることができての出産体験だし、最初から帝王切開ではなくて陣痛も、いきむことも経験できたし、手術室に入る直前まで旦那さんも立ち会ってくれて、何より子供が無事に生まれてきてくれて、今は幸せな気持ちでいっぱいです☆

 

鍼灸治療を受けていたおかげで、子供を授かることができたし、逆子も冷えも治していただけて、先生には本当に感謝の気持ちでいっぱいです!ありがとうございました(^^)

 

近くに行くときは顔を見せに行けたらと思ってます(^-^)/

 

 

**********************************

こちらこそ、嬉しいご報告をありがとうございました!

 

私の心もほんわかします(o^-^o)

 

来院されたときは冷え症が気になるということでしたが、タイミングをとりつつの結果次第でIVFも念頭において・・・という感じでしたが、めでたく自然妊娠でご懐妊。

 

治療以外にも「冷え取り」もして食事にも気を付けて・・・と頑張り屋さんでした。

 

妊娠前から出産まで鍼灸治療継続でしたので、約1年のお付き合いでした。

Kさんご出産おめでとうございます。

 

お体大事にしてくださいねheart01heart04heart01heart04

 

妊娠を目標とする患者さんは、私が身内の方よりも妊娠を先に知ることになるしほとんどの患者さんが出産まで治療を継続してお付き合いが長くなるのでなんだか他人とは思えなくなります(笑)

 

妊娠予定日ころには「生まれたかな~?」と、お知らせを頂けるまで気になってしまいます。

 

来月で水月鍼灸院も6周年を迎えますが、ここに妊娠前に来ていてお母さんになっても来てくれる方も多いです。少しお子さんが大きくなったので外出できるようになった方が多いみたいです。

 

あの頃お腹の中にいたお子さんが、3歳になったとか色々と近況を聞けるのはとても嬉しいです。

 

私は、もうそんなに年月が過ぎたの~?と驚くばかりですね(苦笑

 

   ←1クリックお願いしますhappy01
人気ブログランキングへ 

 

 

 

 

 

 

連休のお休みと予約状況。

連休は暦通りなので

5月3日~6日までは休診となります。

尚、連休明けの7日~11日の予約はすべていっぱいとなっております。

若干のキャンセルなどが出る場合もありますので

ご予約希望の方は電話でお問い合わせください。

最近は私がひとりで診療するには患者さんの人数がかなり多い状況です。

患者さんの診療をしっかり行うには自分のキャパシティーを超えては難しいので診療時間や曜日などを見直そうかと検討中です。

忙しすぎて、心を亡くさないようにしなければ・・・sweat01

自分のライフワークバランスについていろいろ考えております。

診療に関しては、変更や方針がきまりましたら

ブログでお知らせいたします。

お天気はあいにくのようですが、

皆様、楽しいGWをお過ごしください!

  ←1クリックお願いしますhappy01
人気ブログランキングへ

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »