水月鍼灸院HP(女性専門のアロマ鍼灸治療院☆)↓こちらもどうぞ

フォト

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ
2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« WSは満席となりました! | トップページ | 予約状況について。 »

妊娠時のお腹の張りって?

[フリー画像素材] 人物, 女性, アジア女性, 妊娠 / 妊婦, お腹, メジャー, 台湾人 ID:201408070500

妊娠中のお腹の張りは妊婦さんの訴えとしては、かなり一般的なものだと思います。

では、「お腹が張る」というのはどういった状態なのかは
みんなさんご存じですか?



子宮は筋肉で出来ているのですが、普段は緩んだ状態です。

妊婦さんだけではなく、女性なら誰でもホルモンなどの働きで子宮が収縮する時期があります。それが強い時には「月経痛」という状態になります。

妊娠時には医学的に見た「子宮の収縮」が起きると
一般的には「お腹の張り」と言います。

動いたり、何かの刺激で子宮の筋肉が緊張して固くなった状態ですね。
ただ、お腹の張りというのはすべてが子宮の収縮ではないようです。


それは、妊婦さんの自覚と訴えによるところが大きいからです。
患者さんを診ていても、私の触診ではお腹が硬く張っていても自覚はなくてドクターから薬を処方されていない方もいます。
ただ、こういう患者さんは、鍼灸治療を受けた後には「張っていたこと」を自覚出来る方が多いですね。
また、本人が張っていると感じても実際には皮膚のツッパリ感だったり腸の蠕動運動、または子宮を支えている靭帯が引っ張られているという場合も多いようです。

妊娠初期のお腹の張り
この時期は「張る」というよりは軽い生理痛のような痛みや下腹部の違和感として感じる方が多いようです。
患者さんによっては、自覚がない方も多いのですが鍼灸治療を受けるとお腹が緩むの実感されて、そこで初めて「張り」を自覚する方がたくさんいます。
子宮の血流が増えて筋肉が伸びたりして、赤ちゃんが育つ準備をしてる兆候だったりします。

妊娠中期
妊娠中期は安定期になり、お腹もしっかり大きくなってくるので妊婦さんもお腹の張りがどんなものか自覚が出てきます。
この時期は張りを感じることは少なくなる方が多いようですが、逆に動きやすくなって活動的になり無理をして動き過ぎてしまい、お腹が張ってしまう方もいます。
個人差があるのでまだまだ安心できません。

妊娠後期
妊娠も後期になってくると、どんどんお腹がせり出て大きくなってくるのでちょっと動いても動悸がしたり、お腹の張りも強くなっていく患者さんが大半です。
この時期は人によっては浮腫みがかなり強くて大変になってくる方も多いですね。
何年も妊婦さんを治療しているとこの「お腹の張り」は患者さんの訴えや自覚の有無にかかわらず腹部の触診でほぼわかるようになりました。

今ではお腹の張りは、妊婦さんの疲れや体調のバロメーターになると思っています。

最近はワーキング妊婦さんがとても多くて、水月に来院する方も働いてる妊婦さんが夜の時間帯にたくさん来ます。

お仕事も大事ですが、張り止めの薬をのみながら妊娠後期も頑張る妊婦さんを見ていると
日本の社会は妊婦さんや出産にちっとも優しくない社会だな〜と悲しくなる時も多いです。

せめて、もう少し早くから産休に入れるといいのになー。

鍼灸治療もお腹の張りには有効ですが、体を冷やさない・疲れを溜めない・張った時は状況が許すなら体をとにかく休めるのも大切です。


働いてる方もそうじゃない方も、妊婦さんは頑張りすぎないでくださいヽ(´▽`)/

     ←よろしければ1クリックお願いいたします

人気ブログランキングへ


« WSは満席となりました! | トップページ | 予約状況について。 »

妊娠力」カテゴリの記事

婦人科・冷え」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395096/59560045

この記事へのトラックバック一覧です: 妊娠時のお腹の張りって?:

« WSは満席となりました! | トップページ | 予約状況について。 »