水月鍼灸院HP(女性専門のアロマ鍼灸治療院☆)↓こちらもどうぞ

フォト

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ
2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 不妊カウンセリング学会。 | トップページ | 「デトックスヨガ」&「美肌を作るゆるベジ食のすすめ」☆ワークショップ »

不妊カウンセリング学会・続編

Img_1560_640x480_3
先日、東京で受講した不妊カウンセリング学会の講座は非常に内容が濃く
満足度が高いものでした。

そして不妊で悩む患者さんに対して出来ることがまだまだあるんだなと
気持ちが少し吹っ切れました。
今回の学会は胚培養士・看護師・大学関係者を基本的に対象にしてるものだったので
内容はもちろん専門的ですし、専門用語もたくさんでてきました。

今回はこういう生殖医療やホルモンに関する自分の知識レベルを確認したいという意図もありましたが、内容はほぼ把握できたしこれまで患者さんに話してきたことの整合性も確認できました。



私はこれまで8年間、ずっと独学でこのジャンルの勉強をしてきました。

私が生殖ホルモンや不妊治療のジャンルに詳しくなったのは
自分が「月経随伴性気胸」という難治性の病気を抱えることになったからです。

はじめは、なぜ女性ホルモンでこんな病気に?どうしたら治るの?という
必死な探究心でした。

学会論文や専門書も読みましたし、ネットでもありとあらゆる情報を取集しました。

すると不思議と、どんどん不妊治療や月経痛・子宮内膜症などで悩む患者さんが
来院するようになって行きました。

不妊治療に関しては初めのころは、患者さんにもたくさん教わりました。
患者さんはいつも私の「先生」でもあります。

めでたく懐妊した患者さんから、「もういらなくなったから」と
市内のKクリニックのART資料を頂いたこともありました。

不妊治療に携わっている鍼灸師としては現代医学的な不妊治療や生殖ホルモン(女性ホルモン)の仕組みなどの知識もしっかり持つことは当然です。
ただ、現代医学的な知識が付けば付くほど鍼灸治療との矛盾も出てきて悩んで行くようにもなりました。
しかし今回の学会で不妊治療の最先端クリニックのドクターも手探りで悩みながら不妊治療に取り組んでいるようでした。

だって移植する際に胚がチューブに戻らないようにするには
「戻らないように意識する」そうですよ!
先端医療でも最後は「意識」の問題らしいです。


びっくりするような、やっぱりそこか・・・と思うような・・・。
でもそこが、生殖医療が「聖域」な部分なのかもしれません。

私も、少し心が軽くなりました。
今日から院内で患者さんたちに学会で得た知識や最新情報をどんどん提供しています。患者さんの役に立てばうれしいです。

悩んでいても前にも進めないし患者さんの役にもたちません。


それよりも勉強した方が良いと結論が出ました。

     ←よろしければ1クリックお願いいたします

人気ブログランキングへ


« 不妊カウンセリング学会。 | トップページ | 「デトックスヨガ」&「美肌を作るゆるベジ食のすすめ」☆ワークショップ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395096/60219479

この記事へのトラックバック一覧です: 不妊カウンセリング学会・続編:

« 不妊カウンセリング学会。 | トップページ | 「デトックスヨガ」&「美肌を作るゆるベジ食のすすめ」☆ワークショップ »