水月鍼灸院HP(女性専門のアロマ鍼灸治療院☆)↓こちらもどうぞ

フォト

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ
2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

カテゴリー「心と体」の26件の投稿

出るものは出し切る!

今週のはじめに風邪をひきました。

上手にひけたようで、うまく発熱しました。

発熱しないことが良いと思ってる方も多いと思うのですが

私は個人的には「発熱派」?です(笑)

熱が出るということは風邪のウィルスと自分の白血球が戦っているのです。

西洋医学的にはこちら↓

http://www.terumo-taion.jp/health/temperature/06.html

自分の体の力(免疫力)を高めるには風邪の発熱も

上手に利用すればよいのです。体のデトックス・大掃除~♪

鼻水や痰、咳・くしゃみにもちゃんと意味があります。

これらは異物を外に排泄しようとしてるので

止めればよいというものでもありません。

くしゃみや咳は冷えてる体を温めようという体の反応でもあります。

ということで、私は熱が出てその後は体がスッキリ。

発熱は体がリセットできるので、年に1~2度上手にひけるといいようです。

風邪が流行っているようなので、皆さんも上手に引いて下さいね!

ちなみに治療に来てる方は喉が痛い方は言ってくださいね。

初期に行うと喉がスッキリする治療があり、患者さんには好評です。

でも、そのあとも「うがい」とかちゃんとやって下さいね(o^-^o)

  ←1クリックお願いしますhappy01
人気ブログランキングへ

止められないもの。

女性の体の自然な働きでも

排卵・月経は薬で止められます。

でも、流産と陣痛は止められないそうです。

いろんな体の状態を薬などで抑えられますが

やはり、生命が誕生する時は

赤ちゃん自身が生まれ出てきたいという

強い意志があるから

どんなお薬でも止められないし、

残念なことに

生まれ出る力が足りなかった生命を

延命させることも出来ないのでしょう。

でも、冷えない体作りや、体全体の力を

つける事で流産を繰り返さない体質作りは

可能だと思います。

でも、やはりどんな事もお薬にのみ

頼るのでは日ごろの生活の積み重ねが

もっとも重要だと思います。

人気ブログランキングへ←1クリックお願いします!

恋に落ちる。

昨日の続きです。

「オキシトシン」というホルモンは愛情ホルモンでもあります。

出産時に赤ちゃんを産み出すために

お母さんからは、このホルモンが沢山分泌されています。

だから、生まれた瞬間に赤ちゃんを見たお母さんは

赤ちゃんと「恋に落ちる」と言われいるそうです!!

なんか、素敵なお話ですよね~♪

だから、出産後から始まる大変な授乳や夜泣きなどを

お母さんは乗り越えてゆけるのでしょうねheart04

女性とホルモンは自然に、本能的に素晴らしい仕組みを

作り上げていると思いませんか?

すごいな~!!!

人気ブログランキングへ←1クリックお願いします!

子宮ケア。

今朝、始業前にNHKをみてたら

「キラキラ40(フォーティー)」というコーナーで

40代の女性の子宮(婦人科)をテーマに取り上げていました。

ご覧になった方、いますでしょうか?

月経周期に伴う、不定愁訴に低容量ピルが良い・・とか

骨盤底筋を鍛える体操、冷えの予防・布ナプキンの紹介などや

子宮筋腫の経験談リポートなど

けっこう充実した内容でした。

水月ではピル以外の生活養生については

患者さんにいつもお勧めしてることばかりだったので

とりたてて目新しいものはありませんでした。

でも、あのような番組が増えて、

男性にも女性のホルモンバランスと

感情の動きが少しづつ理解されるようになると

良いな~と思いました。

女性は月経前にイライラしてる時に

彼やパートナーに「「また生理?」などという

言葉を投げかけられ嫌な思いをしたというのは

よく聞く話です。

双方にそういう理解があれば、いらぬ衝突は避けられます。

もう、男女雇用機会均等法以来、生理休暇もすっかり

なくなったようですが、性差があるのだから

復活してもいいような気がします。

そのかわり、男性にはリフレッシュ休暇とか?

性差を認め合った社会が成熟した社会なのではないでしょうか。

人気ブログランキングへ←1クリックお願いします。

嬉しい出来事・コウノトリ~♪

今日は嬉しい出来事シリーズです☆

赤ちゃんを望んで来院されていた患者さん3人から、先月末~今月にかけて陽性反応のご報告が!!

みなさん、本当に生活に気をつけて頑張っている方ばかりですし

残念な結果も乗り越えて来てるのを身近に拝見していますからとっても嬉しいです!

うち一人の方からはすでに「心拍も確認できた」

とのご一報を頂き、まずは一安心。ホッconfident

なかなか授からない時期を経験された患者さんは、妊娠しても今度は「順調に大きくなるか・・」という不安が大きい方も多いので、みなさんほとんどがその後も継続して治療に来る方が多いんです。

つわりや腰痛など、赤ちゃんがお腹の中で成長していく過程で出てくる様々なカラダの変化や安産に鍼灸治療はいいんですよ。

特に妊婦さんはお薬を気軽には飲めなくなるので、鍼灸はそんな時も安心。

妊婦さんで、もともと頭痛もちだった方なども水月にはよく来院します。頭痛薬、飲めなくなりますからね。

そして妊婦さんが増えてくると、なぜか?(笑)連鎖的に?ちびっ子の患者さんも増えてきます。

妊婦さんや小さいお子さんの来院が多いと

なんだか私自身も気持ちがホッコリします。

これからどんどん伸びやかに成長していく胎児や子供。

その生命力はやはり間接的にでも人に何かを与えるのでしょうね!

人気ブログランキングへ←ポチッとお願いします☆

上を向いて歩く☆

久しぶりに今日は太陽が出ましたね!

昨年、夏を入退院で過ごし太陽の光を

浴びなかったせいか、晴れてると太陽の陽気が

気持ちよくてつい上を向いてしまいます。

あまり紫外線を浴びてはいけないお年頃ですがsweat01

すごく気持ちよいんです。

なんだか、まぶたを閉じても太陽の熱を感じると

やたらと幸せな気分になります。

これって、おかしいんでしょうか?(笑

歩いてても、自転車に乗っていても目をつぶって

恍惚と?光を感じてる瞬間があるので、

最近道行く人に確実に変な人だと

思われてる気がします(苦笑

そして、今日は外来の定期診療の日でした。

今月も気胸にならずに過ごせました。

毎月、診療予定日が近づくと、まだハラハラドキドキしますが

随分元気になりました☆

もう、気がつけば1年も半分過ぎようとしてします。

急いで色々やらなくては、人生が終わってしまいそうで

怖いですwobbly

人気ブログランキングへ 1クリックお願いします☆

陰虚。

病気になった人の体は陰陽観で考えると

「陰虚」(陰気の不足)が常にあると考えて治療します。

これは積聚治療をする上で基本になるので

新人さんに説明します。

説明するには私がしっかり理解していなければいけません。

原点をしっかり復習できて自分が一番勉強になると毎日感じます。

陰虚は生まれてから死に向かう過程で生理的に生じますが

病気の時はこの生理的な範囲を超えて精気の虚損が生じます。

なので患者さんに良くなって頂きたいと治療を行う事は

全てが、この陰虚を補う事=「補」につながるわけです。

鍼灸学校では補とか寫という事を習いますが、

治療においては太極で考えると補でも寫でも、

「補」でしかありません。

こういう事を考えると積聚治療は本当に面白いし

深く考える事を私に教えてくれました。

陰陽って、面白くって楽しいですhappy02

人気ブログランキングへ←1クリックお願いします☆

顎関節・3。

顎関節の痛みの治療は少し前までは

歯や顎に大きく手を加える外科的な治療が流行っていたのですが

これは再発や悪化が多いことが分かったそうです。

特に痛みがあるときに歯を削ったりするのは避けた方が良いそうです。

痛みがある時は筋肉が緊張して収縮しますが

痛みが取れた時には緩んでまたずれてしまい

咬み合わせがまた変わる可能性があるのですね。

水月では、顎が開けづらい自覚がある方も

治療後には違和感が減る方が多いです。

鍼灸は体のバランスを整えるのが得意です。

体の緊張が強いところはちゃんと緩むんですね。

この読売新聞の連載は個人的にはとても

勉強になりました。

最後にこの連載では

患者さんの顎に負担のかかるような姿勢・生活習慣

を改めるだけで大きな効果があると結ばれていました。

やはり、日常生活が一番大切なのはどんな症状でも同じです。

人気ブログランキングへ←1クリックお願いします。

顎関節・2。

頚椎と顎の関係ですが

これは頚椎の3番が関係してきます。

この3番が偏位(ずれる)すると顎関節に影響が出てきます。

なので、顎の咬み合わせが悪い方は頚の動きが悪かったり

頭痛や肩こりが強い方も多いのです。

この場合、咬み合わせを良くする為歯列矯正するよりも

頚椎のバランスを良くすることで問題が解決する事もある訳です。

水月で行ってる「積聚治療」ではこのような事からも

骨格や体のバランスをかなり意識します。

また新聞の記事では

「咬み合わせという点で考えたら歯科事情が悪かった

昔より今の方が患者さんが増えていて

人間関係・PC業務の激増などストレスで歯軋りや

くいしばりが顎に負担をかけてる」

とありました。

みんな歯をくいしばって頑張り過ぎですbearing

人気ブログランキングへ←1クリックお願いします☆

顎関節。

昨日、顎関節症の話を書いて思い出しましたが

つい最近まで読売新聞でも顎関節症の連載がありました。

顎と頚のバランスは私が治療する際も重要視します。

軽い症状も含めると人口のなんと半分が経験してるらしいです。

水月でも頚椎のバランスが悪い方は自覚がなくても

開口したときに下顎がずれてる方が目立ち、

なんらかの顎関節の歪みがある方は多いですね。

あと、クリック音(かくっ)がするとか・・・。

これについても人口の3割はずれていて、しかも女性に多いそうです。

もちろん、痛みがない人もいます。

でも顎がずれているという事は頚椎に影響があるので

カラダのバランスには重要な要です。

長くなるので、続きは明日!

人気ブログランキングへ←1クリックお願いします☆

より以前の記事一覧